MENU

老人ホーム利用のメリット

老人ホームへ入居することのメリットについて紹介したいと思います。老人ホームへの入居を考えている人は多いと思いますが、老人ホームへ入居することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず万が一倒れてしまった場合でも、一人暮らしの場合には誰も助けにきてくれませんが、老人ホームに入居していれば、万が一のときでも誰かがすぐに来てくれるという安心感があります。また、料理や家事など、一人暮らしのお年寄りにとっては大変か知れませんが、老人ホームに入居すればしなくてもよくなるというメリットがあります。

 

他にも老人ホームではレクリエーションも行っていますから、仲間と楽しくて充実している老人ホームライフを送ることが可能ですし、趣味を思う存分楽しむこともできます。老人ホームに入ることのメリットとしてはほかにも、子どもたちの世話にならないということが一番のメリットだという人もいます。やはり子供の世話になるというのを負担に感じている人は多く、老人ホームに入ることで自立できるということがメリットとしてあげられます。老人ホームにはメリットがいっぱいでデメリットがないわけでもないのですが、メリットを生かした生活をすれば楽しい充実した老後を過ごすことができます。

 

 

 

 

福祉・介護系のケアハウス

福祉・介護系の施設の一つにケアハウスと呼ばれる施設があります。福祉・介護系の施設のケアハウスは軽費老人ホームのC型とも言われています。福祉・介護系の施設には、軽費老人ホームのA型とB型がありましたが、ケアハウスは福祉・介護系の施設の軽費老人ホームC型になります。どのようなサービスを行っている福祉・介護系の施設なのかというと、食事がついている高齢者を対象にしているマンションです。部屋は全室個室になっていて、食事や入浴、そのほか生活を送る上で何か困ったことがあった場合に相談員が相談に乗ってくれます。

 

ケアハウスと呼ばれる福祉・介護施設に入居できる人は、60歳以上の人で、何らかの体の機能の低下で自炊ができないと認められている人や、お年寄りで一人で生活することに不安がある人などが入居することができる福祉・介護系施設です。健康であることが前提ですから、寝たきりになってしまったら退去しなければいけません。福祉・介護系施設のケアハウスの費用は、入居する人の収入によって費用は変わってきますが、だいたい50000円から、150000円くらいが相場になっています。介護保険の適応にはならない福祉・介護系の施設です。

福祉・介護系のケアマネージャー

福祉・介護系の仕事の一つにケアマネージャーという仕事がありますが聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。福祉・介護系のケアマネージャーの仕事というのは、介護保険制度で、居宅介護支援事業者や介護保険施設などで、介護サービス計画を作るという専門の仕事を行っています。福祉・介護系のケアマネージャーがいる介護保険施設というのは特別養護老人ホームや、老人保健施設などです。福祉・介護系のケアマネージャーは、介護サービス計画を考えるのですがこれはケアプランと呼ばれています。他にもケアマネージャーの仕事としては、介護認定を受けるための調査を行うという仕事もあります。

 

福祉・介護系の仕事であるケアマネージャーの資格は公的資格です。ケアマネージャーの資格試験を受験するには、受験資格が必要です。福祉・介護系の仕事のケアマネージャーの資格を取得するための試験は、各都道府県ごとに行われています。合格率は25パーセント前後ということですからそれほど高くないのが特徴です。この資格を取得したあとには、福祉・介護系の仕事である訪問看護事業所や、老人介護支援センターなどをはじめとするさまざまな施設で仕事をすることができます。